今回は前回に引き続きご依頼のあったネクタイの仕立て直しの様子をご紹介します。

まずは採寸です。ネクタイの長さや幅だけでなく、タグの位置なども測っていきます。

採寸が終わったらネクタイを分解していきます。
生地を傷つけないため、慎重さが必要とされる作業です。


分解されたネクタイ生地です。
普段は折り込まれているのでわかりませんが、通常のネクタイでもこれだけ大きい生地を使っています。

仕立て直し後のネクタイの型をもとに、芯を切り出します。
仕立て直し後のシルエットを決める大事な工程です。
芯地は劣化していることが多いため、新しいものに入れ替えます。

同じく生地や裏地も仕立て直し後のシルエットに合わせて調整します。

生地と芯地を合わせて職人が手作業で縫っていきます。
手縫いのため、一つひとつ細かい調整をしながらきれいなシルエットに仕立てることができます。

次回はいよいよ仕立て直し後のネクタイがどうなったのかを紹介します。
さてさて、どうなったでしょうか。