今回は前々回のブログでご依頼のあったネクタイが、仕立て直し後どうなったのかご覧いただきたいと思います。

まずは大剣部分です。
大剣先の幅を若干詰めたことで擦り切れ部分が裏にまわり表からは見えなくなっています。

また、丈を詰めたことで、プレーンノットで結んでも小剣先が大剣裏に隠れるようになりました。

全て縫製をし直しているため、小剣裏の糸の飛び出しもなくなっています。

見た目にはわかりづらいかもしれませんが、芯地の入れ替えを行っているため、よりディンプルをきれいに出しやすくなっています。

いかがだったでしょうか。
今回のお客様はこのネクタイに特別な思い入れがあったとのことで、クローゼットにしまいっぱなしになっていたネクタイがまた使えることに非常に喜んでいらっしゃいました。

弊社ではこうしたネクタイの仕立て直し、メンテナンスを行っております。お悩みの方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。