職業:生命保険営業(MDRT 成績資格会員)
年齢:47歳
身長:175cm

「Kさん、いつもありがとうございます!」
「こちらこそありがとうございます。」
「Kさんは、いつも服装がピチッとしていますね。」
「そうですねー。昔、この業界に入りたての頃に叩き込まれましたから、服装はきちんとしなさいと。」
「きちんとした格好をしていかないとだめだと。そうですよね。第一印象は大事ですよねー。」
「大事です。ただ、印象が良い、だらしない格好をしていかなければ良いというだけではないんですよ。」
「どういうことですか?」
「そうですねー。話に集中していただける恰好とでもいうんですかね。当然、服装がだらしないのも集中できない恰好の一つになるのですが、服装に、目立つポイントがあるのもだめなんです。特に、女性の方だと、物凄く敏感に反応される方がいらっしゃるんですよ。ちょっとした違いにですね。」
「ちょっとした違いというと?」
「例えば、良い時計をしているとか、スーツの仕立てがよさそうだなとか、シャツの柄とか、ボタンがかわっているとか、ちょっと目立つネクタイをしているなとか、オシャレだなとかも入ると思います。もう本当に些細なことですね。」
「そんな些細なことですか?」
「そんな些細なことです。その場所をちらっ、ちらって。それで、保険の話に集中して、頂けていない・・・。我々の仕事は、いかに、きちんと保険の話を聞いていただいて、お客様に納得していただいて、加入していただくことなので、お話をちゃんと聞いていただいたり、聞くことがとても大事です。お互いの会話に、集中していただけない服装をして行ってはだめなんです。」
「さすがは、プロフェッショナルですね。そんなことにまで、気を使われているんですか!驚きです。」
「ですから、今までの経験から、こういった色、形、素材のスーツ、シャツ、ネクタイっみたいのが、自分の中にはあります。」
「スーツ、シャツ、ネクタイって、それぞれ、何着くらいお持ちなんですか?」
「スーツ、シャツ、200着。ネクタイは、70本くらいですかね?」
「・・・・・。すごいですね。」
「やっぱり、清潔感が一番大事ですから。ほぼ、新品みたいのを毎日、着回しています。」
「清潔感。パリッとしているみたいな?」
「それもあります。しかし、私は、汗っかきなので、汗のしみとかですね。汗のシミが目立つような淡い色のネクタイは、締めないようにしています。本当は、締めたいんですけどねー。」
「ネクタイは、他にどんなこだわりがありますか?」
「当然、長さや形は気になります。清潔感という点からは、先ほど言ったように、締めるポイントに汗シミで茶色っぽくならないかな?とか、締めれば締めるほどヨレヨレになってしますネクタイもありますよね。」
「芯が悪いネクタイですね。あとは、プリントのネクタイみたいな薄い生地のネクタイもなりやすいですかね。」
「かといって、生地が厚いと結んでみると、ボテッとなってしまったりとか、色や柄が気に入って買ってみても、色々なところで合わなくって、当たりはずれが、ありますよね。」
「柄や色は気に入っているのに、長さが合わないとか、スーツに合わないとか結び目がきちんとできなくて、締め心地が悪いとかですね。」
「そうです。ネクタイって、選ぶのが難しいですね。」
「ですよね・・・(苦笑)。今回、オーダーメイドタイを依頼されてみてどうですか?」
「いやー、オーダーメイドできるネクタイ屋さんがあるとは知らなかったので、本当に、良かったです。締め心地が最高です。リピートしたくなります。当然ですが、長さ、胸元の感じも私の望んでいた形になっています。」
「Kさんの場合は、この感じっていうのを明確に持っていらっしゃるので、色々なネクタイがあると大変ですよね。」
「そうそう。何度も結び直してしまいますね。ですから、一発で決まり、締め直しが必要ない、このネクタイは、非常にありがたいです。」
「朝の貴重な時間ですからね。」
「そうですね。これで、ネクタイを購入する際、あとは、色と柄のことを考えるだけで良くなりました。次回は、もう少し、明るめのカラーにトライしたいです!」
「Kさんは、明るい色も似あいますよ!締めるポイントに汗シミができたときは、こちらでメンテナンスします!心配しないで、挑戦してみてください。」
「宜しくお願いします!」
「了解致しました!なので、ばりばり、お仕事、頑張ってきてください!!!」