この度、お客様からの弊社ホームページを通じたお問合せが、設定がうまくいっておらず、常時確認しているアドレスとは別の弊社メールアドレスへ送信されていたことが判明し、昨年から今年にかけて数十件のお問い合わせをいただいていることがわかりました。
弊社の確認不足が招いたことであり、お問合せをいただいた皆様にはご不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございませんでした。

弊社は半世紀にわたってネクタイ・リボンの縫製を行って参りましたが、昨年はじめてホームページを開設し、外部の方へ弊社の企業概要や取り組みなどのご紹介を始めました。
販売等を目的としてホームページを作ったわけでではないため、まさかこんなにも多くのありがたいお問い合わせをいただくとは思ってもおらず、大変驚くとともに、悔悟の念で一杯です。

お問い合わせをいただいた件につきましては、お一人おひとり誠心誠意対応してまいります。
この度は大変申し訳ありませんでした。

なお、お問合せフォームにつきましては設定を見直ししっかりと確認できるようになっていますので、何かございましたらフォームからご連絡ください。