みなさんこんにちは。
今回は特殊なネクタイの仕立て直しのご紹介です。

お取引先である某百貨店のご担当者様から、誤ってセッテピエゲを洗濯してしまったので直してほしいとの依頼がありました。

生地の質感はとても良いのですが、写真のように、洗濯によりしわくちゃになってしまっています。
剣先は、芯がなく、手縫いで生地を三巻きをして仕上げる、スフォデラータ仕様のため、よりダメージは深刻です。
中に入っている芯もしわくちゃになっており、交換が必要な状態でした。

作業としては、まず分解してから、どこでどう折るかをある程度推測しながら記録し、アイロンで生地のシワを取っていきます。
芯も同じような素材、厚さ、シルエットのものを用意します。

それを、熟練の職人の手により手縫いで縫いあげていきます。
今回のセッテピエゲは折り方が左右非対称なうえ、洗濯により正しい折り目がどこなのか正確にはわからない状態だったため、何度か試行錯誤し、バランスの良い形に収めていきました。

ご依頼いただきましたT様、この度はありがとうございました!